国立文楽劇場で夏休み特別文楽公演を見ました!

近鉄特急で大阪へ行き、国立文楽劇場で『人形浄瑠璃文楽 夏休み特別公演』を第一部から第三部まで見てきました!ひとりで!!面白かったです!
f:id:b0916903:20150720222545j:plain:w240
第一部は子供向けの演目が上演される「親子劇場」で、ジャックと豆の木をモチーフにした新作『ふしぎな豆の木』、解説コーナー「ぶんらくってなあに」、そして『東海道中膝栗毛』でした。親子劇場では毎年、時事ネタが取り入れられてまして、今年は「ラッスンゴレライ」や「ギリシャのデフォルト」などでした。わかりやすくて面白かったです!大人も楽しめるよ!!

第二部と第三部は『生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)』と言う演目でした。全体のストーリーは大名家のお家騒動の話ですが、その中でも、男女の出会いとすれ違いの部分がクローズアップされて上演されることが多いそうです。
「笑い薬」を飲んだ男が笑いをこらえきれず、狂ったように笑い続ける場面が、すごかったです!!身体を大きく動かしながら笑い転げる様子を、人形遣い桐竹勘十郎師匠が大熱演されていました。まさに超絶技巧でした。見てよかったー!!
第三部の最初には、舞子さんが舞い踊る華やかな演目『きぬたと大文字』も上演されました。美しかったです。

人形浄瑠璃は人形がほんとに生きてるみたいに動くし、浄瑠璃と三味線の音色が心地よいので、一度生で見た方がいいですよ!!イヤホンガイドのおかげで話の筋もだいたいわかるし!!

昼食はスーパー玉出で買った1パック198円の太巻き寿司を国立文楽劇場のロビーで食べ、夕食はスーパー玉出で買った1パック198円のかき揚げの玉子とじ丼を近鉄特急の中で食べました。