国立新美術館でマグリット展を見ました!

4月に土曜出勤したぶんの代休を頂いて、東京へ行ってきました!夜勤明けでちょっと寝たのちに新幹線に乗って行きました。
で、地下鉄乃木坂駅直結の国立新美術館へ行き、「マグリット展」を見ました!岩が空中に浮いていたり、青空が鳥の形だったりする不思議な絵で有名なベルギーの画家です!絵画の流派でいうとシュルレアリスムです。「シュールレアリズム」ではなく、伸ばさず濁らずに「シュルレアリスム」と言ったほうが美術通っぽいと思います。
f:id:b0916903:20150511024653j:plain:w240
いやーっ素晴らしかったです!一点一点の作品がどれも面白い!マグリット天才!
どの絵も、現実には有り得ない、ぶっとんだ発想の世界が描かれていますけど、ただ無作為に発想を飛躍させているのではなく、「ここにこれを配置して、背景をこう描けば、現実に有り得ない風景になるな・・・」という感じで、理詰めで超次元の発想の世界を作り上げているように思えました。大喜利とかの回答作りもそうありたいものです。


あと、六本木をうろうろしてIngressをやりました。東京は飲食店がポータルになってるところが多いですね