『能はこんなに面白い!』を読みました!

<今年読んだ本 17>
『能はこんなに面白い!』内田樹、観世清和/小学館
思想家で武道家の内田樹先生と、能楽観世流の宗家である観世清和先生が、対談などで能楽の魅力をいろいろ語られている本です!最近能楽に興味があるので読んでみました。

能はこんなに面白い!
能はこんなに面白い!内田樹 観世清和
小学館 2013-09-13
売り上げランキング : 11521
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

asin:4093883114

感想:おもしろくて、「能」への興味は深まったが、まだ能楽のDVDとか見ても、どう楽しんだらいいのかよくわからない!ひきつづき勉強します。
能楽は、シテ方ワキ方、囃子などの役割それぞれが別々の流派だそうです。しかも事前に合同リハーサルを繰り返したりせず、本番前に1回だけ「申し合わせ」と呼ばれる通し稽古をするだけだそうです。すごいなそれ。