『魚介類 山岡マイコ』を見ました!

<今年見た映画 2>
名古屋駅西のシネマスコーレにて、映画『魚介類 山岡マイコ』を見ました!
海から来た魚介類の女子高生、山岡マイコが主人公です。見た目は女子高生ですが、魚だそうです。イカ娘みたいなもんだと思います。で、山岡マイコを料理しようとする料理人が襲ってきたりして、いろいろある話でした。


感想:話の筋はよくわからなかったけど、いかにもB級映画という感じで、まあ良かったです!
あまりにも荒唐無稽すぎる話ではありましたが、細かいことは置いといて、随所に出てくるしょうもないギャグが笑えたし、何より山岡マイコが可愛かったので、すべてよしです!八重歯だし、髪がしっとり濡れてるし、とにかく可愛いです!


最大の不満点は、山岡マイコの濡れ具合が物足りなかったことです。山岡マイコは魚介類なので、常に体を濡らしていないと弱ってしまうという設定のようです。で、ときどき霧吹きで顔に水を吹きかけてました。しかしその濡れ方が甘い!髪や顔がしっとりと湿る程度の濡れ具合でしたが、せっかく濡れるなら、もっと制服がビショビショになるぐらい濡れててほしかった!ねえそうでしょう!