『BANDAGE』を見ました!

<今年見た映画 13>
夕方に、ユナイテッドシネマ阿久比にて、映画BANDAGE(バンデイジ)を見ました!菅知香原作、小林武史監督作品で、赤西仁主演のやつです!
時代設定は90年代前半のバンドブームの頃です。普通の女子高生ナツコが、人気バンド「LANDS」のヴォーカルのナツと出会って、次第にナツコはLANDSと深く関わるようになり、色々あるというお話でした。


感想:おもしろかったです!音楽的なことはよくわかりませんが、基本的に若者の成長物語なので、見ていて気持ちがよかったです。北乃きい演じるアサコがかわいいです。
あと特筆すべきは、一場面だけでしたが、アリtoキリギリスの石塚さんが出演されていました!!動く石塚さんの姿を久しぶりに見た!!これだけでも見る価値のある映画でしょう!!それだけではないか。


さすがバンドをテーマにした映画だけあって、音楽の使い方が格好よかったです!人が喋っている場面ではBGMが流れず、小さいつぶやき声や息遣いまで聞こえるような静かさですし、逆にBGMが流れる場面では、喋り声の音声が消されてサイレント風の映像になっていました。かっこいいーっ。


それにしても当時の人気絶頂のバンドの人は本当に、主人公のナツのように、「オレは本気出してねーけど何か?」みたいな、タラーンとした態度だったのでしょうか?キャラとはいえ、もうちょっとシャキッとしてほしいと思った。


あと、登場するバンド「LANDS」のベースの人を見ていたら、なんだか「シャ乱Q」の「しゅう」さんのことを思い出してしまい、切なくなりました。バンドの中で一人だけ三枚目キャラなところとか、デザイン関係のことをやっているところとか、自分には才能がないからとバンドを辞めようとしたりして不遇な感じがするところとか…
でも今調べてみたら、しゅうさんは今も音楽活動をされているようですね。なんだかよかった。