『Dr.パルナサスの鏡』を見ました!

<今年見た映画 9>
本日は祝日の前日ですので、ユナイテッドシネマでは深夜上映が行われます!
というわけで、23:45から上映開始の、Dr.パルナサスの鏡を見てきました!
テリー・ギリアム監督作品です。物語のカギを握る男「トニー」の役を、『ダークナイト』のジョーカー役で有名なヒース・レジャーが演じていたが、撮影途中でヒース・レジャーが亡くなられたため、急遽トニー役をジョニー・デップコリン・ファレルジュード・ロウの4人1役で撮影することになったという、話題作だそうです!私はそんなことを全く知らずに見に行ってしまいました。すみません。


パルナサス博士ひきいる旅芸人の一座が主な登場人物です。舞台の大道具の「鏡」には不思議な力があり、鏡の中に入ると、入った人の願望を実体化したみたいな世界に行けます。で、首を吊っていた謎の男トニーを助けたり、パルナサス博士と対立する悪魔が出てきたり、いろいろある話です。
感想:不思議な感じでおもしろかったです!鏡の中の世界の不思議な映像がよかったです!最初に出てきた男の悲惨な末路に笑いました。あとおばさんの欲望を具現化した世界とか。
パルナサス博士の過去にはいろいろあったんですね。けっこう複雑で、お恥ずかしい話ですが正直に言いまして、中盤すこしウトウトしてしまいました。無念。
結末が切なかったです。