『オーシャンズ』見ました!

<今年見た映画 8>
昼過ぎに、ユナイテッドシネマ阿久比に再び行き、映画『オーシャンズ』を見ました!海の映像を集めたドキュメンタリー作品です!ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー監督作品だそうです!ユナイテッドシネマ阿久比でい一番大きい「スクリーン5」での上映でした。
感想:おもしろかったです!すごかった!美しい映像、驚きの映像の連続で、見飽きませんでした。海鳥すげえ!カニすげえ!生きたシロナガスクジラの映像を見たのは初めてかもしれません。見てよかったです。


美しい映像だけでなく、ショッキングな映像もありました。海洋汚染とか地球温暖化とか漁とか。『アバター』に続いて、「人類の馬鹿野郎!人類なんて滅びれ!!」と思ってしまいました。海洋汚染は単純に悪いことだから、流し台に天ぷら油をそのまま流すようなことはしちゃ駄目ですね。ただ「漁」に関しては、映像表現がショッキングすぎる気もしました。なんだか日本の食文化がことさら悪いものとして攻撃されてるみたいな映像でしたし。絶滅に瀕した生物を獲るのはもちろん駄目ですが、持続可能なように漁獲量をコントロールすれば問題ないのではないかと。まあ「フカヒレ」はぜいたく品だから食べなくてもいいと思いますけど。


ほかの感想

  • 映画が始まって、最初に出てくる生物は何かなー、魚かなー、イルカ等の海生哺乳類かなー、と楽しみにしていたら、出てきたのはなんと「ウミイグアナ」!!まさかの爬虫類!!これは意外でした!いいところを突いてきたなー!
  • 海鳥が魚を捕らえるために、空から海面に飛び込むときのスピードが半端ありません!まるでミサイルのように、空から鳥が降りそそいでいました!あの鳥は殺傷能力があると思います。爆弾をくくりつければ兵器としての活用も可能じゃないかと思える勢いでした。
  • ハダカイワシの大群の有機的っぷり
  • シャコとカニの戦いの場面で、劇場内に笑い声が沸き起こっていました!シャコの巣穴への逃げ込みっぷりが見事でした。
  • クラゲの大群は実写版ポニョっぽかった
  • カニの大群は、別の動物番組でも映像を見たことがあったけど、今回の映像はそれを越える超大群っぷりでした。海すげえ。
  • マッコウクジラはもっと色が黒いと思っていましたが、意外とそんなに黒くないんですね。
  • 動物番組でもよく見る「砂浜でウミガメが孵化して、赤ちゃんウミガメが海に向かって這っていくけど、海にたどり着く途中で海鳥に食べられてしまう」映像がありました。何度見ても、自然の厳しさと、しかし無事に海にたどり着くウミガメもいるという大自然のバランスの見事さを感じさせられる映像です。ところでこのウミガメの孵化の場面に人間が介入して、全子亀が海にたどりつくように海鳥を追っ払ったら、海はウミガメだらけになるのでしょうか?一度やってみてほしいですが駄目か。
  • エンディング曲は良い感じでした。
  • エンドロールの後にスクリーンに映し出された「おことわり」みたいな文章を見て、ちょっと興ざめの気分になりました。じゃああのショッキングな漁の映像はCGっていうことでしょうか?それとも「あくまでも通常の漁を映像におさめただけで、撮影用に特別なことをしたわけではない」ということでしょうか?どちらにしても無粋な文章だと思いましたが、あの「おことわり」を出さないとクレームが殺到するから仕方ないんでしょうね