『ハイスクールD×D 19 総選挙のデュランダル』を読みました!

<今年読んだ本 30> 『ハイスクールD×D 19 総選挙のデュランダル』石踏一榮/ファンタジア文庫 19巻です!ゼノヴィアが生徒会長に立候補する話です。 ハイスクールD×D (19) 総選挙のデュランダル (富士見ファンタジア文庫)石踏一榮 みやま零 KADOKA…

『カツヤマサヒコSHOW season2』を読みました!

<今年読んだ本 29> 『カツヤマサヒコSHOW season2』勝谷誠彦&サンテレビ/西日本出版社 サンテレビの番組『カツヤマサヒコSHOW』の書籍化です!映画監督の林海象さん、阪神の掛布雅之さん&阪神ファンの大学教授の國定浩一さん、アーティスト…

『能への扉 演者が語る能のこころ』を読みました!

<今年読んだ本 28> 『能への扉 演者が語る能のこころ』原田紀子/淡交社 能のシテ方、ワキ方、囃子方の方々のインタビュー集です。 それぞれの役割の解説や裏話、修業の話、どんなことを考えながら演じているかなどのさまざまな話が語られています。 能…

『ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ』を読みました!

<今年読んだ本 27> 『ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ』三上延/メディアワークス文庫 ビブリア古書堂シリーズの6巻です!太宰治の貴重な古書にまつわる岡なしです。 ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディア…

『超ディープな深海生物学』を読みました!

<今年読んだ本 26> 『超ディープな深海生物学』長沼毅、倉持卓司/祥伝社新書 カイコウオオソコエビ、クダクラゲ、ラブカ、チューブワーム、オオグチボヤ、クセノフィオフィラ、ウミユリなど、渋い深海生物の生態について書かれている本です。 超ディー…

『絶対ナル孤独者(アイソレータ) 1 -咀嚼者 The Biter-』を読みました!

<今年読んだ本 25> 『絶対ナル孤独者(アイソレータ) 1 -咀嚼者 The Biter-』川原礫/電撃文庫 アクセルワールドとかでおなじみの川原礫先生の新シリーズ1巻です。宇宙から「サードアイ」と呼ばれる謎の有機生命体が来て、主人公と融合して主人公は特…

萩本欽一さんの『負けるが勝ち、勝ち、勝ち!』を読みました!

<今年読んだ本 24> 『負けるが勝ち、勝ち、勝ち! 「運のいい人」になる絶対法則』萩本欽一/廣済堂新書 欽ちゃんが書いた、運についての新書第二弾です! 負けるが勝ち、勝ち、勝ち! (廣済堂新書)萩本欽一 廣済堂出版 2012-09-22売り上げランキング : 1…

『未踏召喚://ブラッドサイン 2』を読みました!

<今年読んだ本 23> 『未踏召喚://ブラッドサイン 2』鎌池和馬/電撃文庫 独自のルールの召喚術で闘うやつの2巻です!「助けて」と言われたら必ず助ける男子高校生召喚師が主人公です。 未踏召喚://ブラッドサイン (2) (電撃文庫)鎌池和馬 依河和希 KAD…

『カツヤマサヒコSHOW season1』を読みました!

<今年読んだ本 22> 『カツヤマサヒコSHOW season1』勝谷誠彦&サンテレビ/西日本出版社 サンテレビで放送されている番組のトークが活字になった本です。 百田尚樹(作家)、花房観音(作家)、長谷川穂積(ボクサー)・山下正人(ボクシングジム会…

『「本が売れない」というけれど』を読みました!

<今年読んだ本 21> 『「本が売れない」というけれど』永江朗/ポプラ新書 本を売る現場が現在どうなってるかと、今後どうすべきかについて書かれている本です。大型書店や町の小さい書店、取次と書店の関係、電子書籍などの話です。 (046)「本が売れない…

『人を操る禁断の文章術(メンタリズム)』を読みました!

<今年読んだ本 20> 『人を操る禁断の文章術(メンタリズム)』メンタリストDaigo/かんき出版 最近は企業のコンサルタントとして活動されているというメンタリストのDaigoさんによる、人を操る文章の書き方の本です。 「文章は読む人の心理を考えて…

『未踏召喚://ブラッドサイン』を読みました!

<今年読んだ本 19> 『未踏召喚://ブラッドサイン』鎌池和馬/電撃文庫 『とある魔術の禁書目録』でおなじみの鎌池先生の新シリーズです!召喚術バトルの話です。 未踏召喚://ブラッドサイン (電撃文庫)鎌池和馬 依河和希 KADOKAWA/アスキー・メディアワ…

『教団X』を読みました!

<今年読んだ本 18> 『教団X』中村文則/集英社 ぶあつい小説です!姿を消した女性が怪しい宗教団体に出入りしているらしいと聞いた主人公が、宗教団体に潜入したら、いろいろあるお話です。 教団X中村文則 集英社 2014-12-15売り上げランキング : 184Am…

『北海道の動物たち 人と野性の距離』を読みました!

<今年読んだ本 17> 『北海道の動物たち 人と野性の距離』千嶋淳/集英社 北海道の貴重な野生生物が現在どんな状況にあるかという本です。著者は海鳥や海獣類を中心に調査や撮影の活動を行っている方だそうで、本文も海鳥と海獣の話が多めです。 北海道の…

欽ちゃんの『ダメなときほど運はたまる』を読みました!

<今年読んだ本 16> 『ダメなときほど運はたまる だれでも「運のいい人」になれる50のヒント』萩本欽一/廣済堂新書 欽ちゃんの著書です!運をうまく使う方法が書かれています。 ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ …

吉田たかよし『試験に受かる「技術」』を読みました!

<今年読んだ本 15> 『試験に受かる「技術」 灘高が教えてくれた「超」合理的メソッド』吉田たかよし/講談社現代新書 『Qさま!』などのクイズ番組でおなじみの、東大を4回を卒業した男・吉田たかよしさんの著書です! 灘中→灘高→東大工学部→東大大学…

『インテリビレッジの座敷童4』を読みました!

<今年読んだ本 14> 『インテリビレッジの座敷童4』鎌池和馬/電撃文庫 シリーズ4巻目です!この巻も厚みがあります。 忍の幼少時代の話、刑事と推理マニア中学生がアイドルグループにまつわる事件にかかわる話、すねこすりががんばる話などが入ってい…

『能を考える』を読みました!

<今年読んだ本 13> 『能を考える』山折哲雄/中公叢書 能楽について論じられてる本です。 能を考える (中公叢書)山折哲雄 中央公論新社 2014-03-24売り上げランキング : 241249Amazonで詳しく見る by G-Toolsasin:4120045641 感想:やっぱり私には難しく…

『世界史で読み解く現代ニュース』を読みました!

<今年読んだ本 12> 『世界史で読み解く現代ニュース』池上彰、増田ユリヤ/ポプラ新書 元歴史教師のジャーナリスト・増田ユリヤさんによる世界史の解説があって、それにつながる現代の世界情勢を池上彰さんが解説してるという本です!中国の鄭和、オスマ…

米澤穂信『満願』を読みました!

<今年読んだ本 11> 『満願』米澤穂信/新潮社 「このミステリーがすごい! 」第1位など数々のランキングで1位になった話題の一冊です!短編6本が入っている短編集です。 満願米澤穂信 新潮社 2014-03-20売り上げランキング : 263Amazonで詳しく見る by…

萩本欽一さんの『続・ダメなときほど運はたまる』を読みました!

<今年読んだ本 10> 『続・ダメなときほど運はたまる』萩本欽一/廣済堂新書 萩本欽一さんが書いた、「運」についての本の第三弾だそうです!前二冊はまだ読んでないです! 続・ダメなときほど運はたまる (廣済堂新書)萩本欽一 廣済堂出版 2015-02-03売り…

『能、世阿弥の「現在」』を読みました!

<今年読んだ本 9> 『能、世阿弥の「現在」』土屋恵一郎/角川ソフィア文庫 法学者で能楽研究者の土屋恵一郎氏が2001年に出版した著作を改題して再刊行した本です。 能楽を「面」「序の舞」「装束」などの要素や「橋」「夢」「物狂い」などのキーワー…

『蒼井葉留の正しい日本語2』を読みました!

<今年読んだ本 8> 『蒼井葉留の正しい日本語2』竹岡葉月/ファンタジア文庫 日本語マニアの女子高生、蒼井葉留と、ラノベ作家志望の男子高校生、久坂縁が、寮の仲間たちとともにいろんな出来事にまきこまれる話の2巻です!縁のクラスメイトのオタク嫌い…

『Dクラッカーズ+プラス 世界』を読みました!

<今年読んだ本 7> 『Dクラッカーズ+プラス 世界 -after kingdom-』あざの耕平/富士見ファンタジア文庫 富士見ミステリー文庫で刊行された『Dクラッカーズ』シリーズの完結から4年後、富士見ファンタジア文庫で新装版として再刊行されるにあたって発…

『Dクラッカーズ7-2 王国』を読みました!

<今年読んだ本 6> 『Dクラッカーズ7-2 王国 -a boy&a girl-』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 シリーズ本編8冊目で最終巻です!「王国」に行ってしまった景と甲斐はどうなるのか、セルネットとDDの残党たちはどうなるのか、梓や水原たちの記憶は…

『Dクラッカーズ7-1 王国』を読みました!

<今年読んだ本 5> 『Dクラッカーズ7-1 王国 -the limited world-』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 シリーズ本編7冊目です!前の巻で、景と甲斐が姿を消し、みんなが景と甲斐に関する想いを失ってしまう中で、カプセルを飲んだことのない千絵だけ…

『はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査』を読みました!

<今年読んだ本 4> 『はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査』松浦晋也/講談社現代新書 2014年12月3日に打ち上げられ、小惑星「1999 JU3」をめざして飛行中の探査機はやぶさ2についての新書です!2010年に地球に帰還した初代はやぶさの偉業のおさらい…

『Dクラッカーズ・ショート2 過日』を読みました!

<今年読んだ本 3> 『Dクラッカーズ・ショート2 過日』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 Dクラッカーズの短編集第2弾です!景と水原がコンビを組んでまもないころの話、甲斐と景の初バトルの話等と、ドラゴンマガジンに掲載された読み切り版のDクラ…

『Dクラッカーズ6 追憶-refrain-』を読みました!

<今年読んだ本 2> 『Dクラッカーズ6 追憶-refrain-』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 6巻です!前の巻で大きな区切りがついて、平和になったかと思いきや、茜が甲斐の記憶を失ったり、いろいろ大変なことになる話です。 Dクラッカーズ〈6〉追憶‐refra…

『立川談志 鬼不動 天空のネタ下ろし』を読みました!

<今年読んだ本 1> 『立川談志 鬼不動 天空のネタ下ろし』弟子吉治郎/河出書房新社 立川談志師匠を主人公とするフィクションです。晩年の談志師匠が「鬼不動」という架空の新作落語を演じるという話です。著者の弟子吉治郎さんは上岡龍太郎さんのお弟子さ…