萩本欽一さんの『続・ダメなときほど運はたまる』を読みました!

<今年読んだ本 10> 『続・ダメなときほど運はたまる』萩本欽一/廣済堂新書 萩本欽一さんが書いた、「運」についての本の第三弾だそうです!前二冊はまだ読んでないです! 続・ダメなときほど運はたまる (廣済堂新書)萩本欽一 廣済堂出版 2015-02-03売り…

『能、世阿弥の「現在」』を読みました!

<今年読んだ本 9> 『能、世阿弥の「現在」』土屋恵一郎/角川ソフィア文庫 法学者で能楽研究者の土屋恵一郎氏が2001年に出版した著作を改題して再刊行した本です。 能楽を「面」「序の舞」「装束」などの要素や「橋」「夢」「物狂い」などのキーワー…

『蒼井葉留の正しい日本語2』を読みました!

<今年読んだ本 8> 『蒼井葉留の正しい日本語2』竹岡葉月/ファンタジア文庫 日本語マニアの女子高生、蒼井葉留と、ラノベ作家志望の男子高校生、久坂縁が、寮の仲間たちとともにいろんな出来事にまきこまれる話の2巻です!縁のクラスメイトのオタク嫌い…

『Dクラッカーズ+プラス 世界』を読みました!

<今年読んだ本 7> 『Dクラッカーズ+プラス 世界 -after kingdom-』あざの耕平/富士見ファンタジア文庫 富士見ミステリー文庫で刊行された『Dクラッカーズ』シリーズの完結から4年後、富士見ファンタジア文庫で新装版として再刊行されるにあたって発…

『Dクラッカーズ7-2 王国』を読みました!

<今年読んだ本 6> 『Dクラッカーズ7-2 王国 -a boy&a girl-』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 シリーズ本編8冊目で最終巻です!「王国」に行ってしまった景と甲斐はどうなるのか、セルネットとDDの残党たちはどうなるのか、梓や水原たちの記憶は…

『Dクラッカーズ7-1 王国』を読みました!

<今年読んだ本 5> 『Dクラッカーズ7-1 王国 -the limited world-』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 シリーズ本編7冊目です!前の巻で、景と甲斐が姿を消し、みんなが景と甲斐に関する想いを失ってしまう中で、カプセルを飲んだことのない千絵だけ…

『はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査』を読みました!

<今年読んだ本 4> 『はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査』松浦晋也/講談社現代新書 2014年12月3日に打ち上げられ、小惑星「1999 JU3」をめざして飛行中の探査機はやぶさ2についての新書です!2010年に地球に帰還した初代はやぶさの偉業のおさらい…

『Dクラッカーズ・ショート2 過日』を読みました!

<今年読んだ本 3> 『Dクラッカーズ・ショート2 過日』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 Dクラッカーズの短編集第2弾です!景と水原がコンビを組んでまもないころの話、甲斐と景の初バトルの話等と、ドラゴンマガジンに掲載された読み切り版のDクラ…

『Dクラッカーズ6 追憶-refrain-』を読みました!

<今年読んだ本 2> 『Dクラッカーズ6 追憶-refrain-』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 6巻です!前の巻で大きな区切りがついて、平和になったかと思いきや、茜が甲斐の記憶を失ったり、いろいろ大変なことになる話です。 Dクラッカーズ〈6〉追憶‐refra…

『立川談志 鬼不動 天空のネタ下ろし』を読みました!

<今年読んだ本 1> 『立川談志 鬼不動 天空のネタ下ろし』弟子吉治郎/河出書房新社 立川談志師匠を主人公とするフィクションです。晩年の談志師匠が「鬼不動」という架空の新作落語を演じるという話です。著者の弟子吉治郎さんは上岡龍太郎さんのお弟子さ…

竹本住大夫師匠の『人間、やっぱり情でんなぁ』を読みました!

<今年読んだ本 99> 『人間、やっぱり情でんなぁ』竹本住大夫、樋渡優子/文藝春秋 人形浄瑠璃文楽の太夫の人間国宝である、七世竹本住大夫師匠の聞き書きです! 人間、やっぱり情でんなぁ竹本住大夫 樋渡優子 文藝春秋 2014-10-14売り上げランキング : 1…

『はてな☆イリュージョン』を読みました!

<今年読んだ本 98> 『はてな☆イリュージョン』松智洋/ダッシュエックス文庫 ダッシュエックス文庫の創刊第一弾のひとつです!中学一年生の主人公男子が、あこがれの奇術師に住み込みで弟子入りすることになり、同級生の幼馴染、その妹、メイドさんなど…

『文句の付けようがないラブコメ』を読みました!

<今年読んだ本 97> 『文句の付けようがないラブコメ』鈴木大輔/ダッシュエックス文庫 集英社から新創刊されたライトノベルのレーベル「ダッシュエックス文庫」の第一弾です!主人公の少年が、神様のような存在の少女に捧げ物として捧げられて、それから…

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3』を読みました!

<今年読んだ本 96> 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3』大森藤ノ/GA文庫 女性剣士アイズを中心として語られる外伝の3巻です!ダンジョンの24階層でモンスターが大発生してるという謎を解明するため…

伊集院さんの『のはなしし』を読みました!

<今年読んだ本 95> 『のはなしし』伊集院光/宝島社 伊集院さんのエッセイ4巻です! ちょっとずつ読んで、やっと読み終わりました。 のはなしし伊集院光 宝島社 2014-06-11売り上げランキング : 28430Amazonで詳しく見る by G-Tools asin:4796682643 感…

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか6』を読みました!

<今年読んだ本 94> 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか6』大森藤ノ/GA文庫 6巻です!リリのソーマ・ファミリアでの話と、アポロン・ファミリアとの戦いの話が並行して進んでいます。 ダンジョンに出会いを求めるのは間違ってい…

『新約とある魔術の禁書目録 11』を読みました!

<今年読んだ本 93> 『新約とある魔術の禁書目録 11』鎌池和馬/電撃文庫 新約の11巻です!人の精神を操る「心理掌握(メンタルアウト)」の能力者で、学園都市第五位の超能力者である、食蜂操祈(しょくほうみさき)が主役のお話です。 新約 とある…

東海林さだお先生の『花がないのに花見かな』を読みました!

<今年読んだ本 92> 『花がないのに花見かな』東海林さだお/文藝春秋 おなじみの東海林さだお先生のエッセイです!2011年に出たやつです。 花がないのに花見かな東海林さだお 文藝春秋 2011-04売り上げランキング : 456238Amazonで詳しく見る by G-T…

『キノの旅 18』を読みました!

<今年読んだ本 91> 『キノの旅 18』時雨沢恵一/電撃文庫 キノの旅の18巻です! キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)時雨沢恵一 黒星紅白 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-10-10売り上げランキング : 2900Amazonで詳しく見る by…

『Dクラッカーズ5 乱 -rondo-』を読みました!

<今年読んだ本 90> 『Dクラッカーズ5 乱 -rondo-』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 Dクラッカーズの本編、ミステリー文庫版の5巻です!カラオケボックスに集ったみんなで戦う話です。 Dクラッカーズ〈5〉乱‐rondo (富士見ミステリー文庫)あざの耕平…

『天使の3P! ×4』を読みました!

<今年読んだ本 89> 『天使の3P! ×4』蒼山サグ/電撃文庫 4巻です!霧夢たちも新しいバンドを組んだり、小学五年生がみずから新曲を作ったりする話です。曲の作り方講座や、音楽理論入門のような話も出てきて、ガチで勉強になります。 天使の3P!×4 (…

『王手桂香取り!2』を読みました!

<今年読んだ本 88> 『王手桂香取り!2』青葉優一/電撃文庫 将棋好きの中学生男子のところに、将棋の駒が美少女の姿になって出てくる話の2巻です! 女王の駒が登場して厳しい修行を受け、中学校将棋団体戦の全国大会に挑む話です。 王手桂香取り! (2) …

『ハイスクールD×D 18 聖誕祭のファニーエンジェル』を読みました!

<今年読んだ本 87> 『ハイスクールD×D 18 聖誕祭のファニーエンジェル』石踏一榮/ファンタジア文庫 18巻です!天使のイリナがメインの回で、みんなで天界に行く話です。 ハイスクールD×D (18) 聖誕祭のファニーエンジェル (富士見ファンタジア文…

『Dクラッカーズ・ショート 欠片-piece-』を読みました!

<今年読んだ本 86> 『Dクラッカーズ・ショート 欠片-piece-』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 Dクラッカーズの短編集です!千絵と水原が遊びに行く話や、本編のちょっと前の話などが入っています。 Dクラッカーズ・ショート―欠片‐piece (富士見ミス…

東海林さだお先生の『猫大好き』を読みました!

<今年読んだ本 85> 『猫大好き』東海林さだお/文藝春秋 おなじみの東海林さだお先生のエッセイ集です!内臓の話、テレビ体操の話、パラダイス山元さんの餃子を食べながらの対談、南伸坊さんとの顔面対談、近藤誠先生とのがん治療に関する対談など盛りだ…

『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』を読みました!

<今年読んだ本 84> 『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』春日太一/文藝春秋 東映の京都撮影所の、時代劇や任侠映画の壮絶な制作現場で、映画製作に明け暮れる人々をえがいた、群像劇のノンフィクションです! あかんやつら 東映京都撮影所血風録春日…

『王手桂香取り!』を読みました!

<今年読んだ本 83> 『王手桂香取り!』青葉優一/電撃文庫 将棋好きの中学一年生男子が主人公で、将棋の駒(歩、香車、桂馬)が美少女の姿で出てきて、将棋部の部長で美人のあこがれの先輩とともに公式戦に参戦したりする話です。 王手桂香取り! (電撃文…

『蒼井葉留の正しい日本語』を読みました!

<今年読んだ本 82> 『蒼井葉留の正しい日本語』竹岡葉月/ファンタジア文庫 ラノベ作家を目指す新男子高校生と、辞書を愛する新女子高校生が、学園のトラブルを解決するみたいな話です! 蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)竹岡葉月 タケオカミ…

『Dクラッカーズ4 決意』を読みました!

<今年読んだ本 81> 『Dクラッカーズ4 決意』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 主人公がおとなしそうな男子だけどドラッグ中毒で、悪魔を使役しながらドラッグ組織と闘ったりする話の4巻です! Dクラッカーズ〈4〉決意‐resolution (富士見ミステリー…

『もう国家はいらない』を読みました!

<今年読んだ本 80> 『もう国家はいらない』田原総一朗、堀江貴文/ポプラ新書 田原さんと堀江モンの対談本です!ネット社会の最近の流れや将来の展望について、堀江さんがわかりやすく解説し、田原さんが鋭く質問したり時には反対意見を言ったりしながら…

『Dクラッカーズ3 祭典』を読みました!

<今年読んだ本 79> 『Dクラッカーズ3 祭典』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 主人公がドラッグ中毒の高校生である、Dクラッカーズの3巻です! 後攻が襲撃されたり、バイクで爆走しながらのバトルがあったりする派手な巻です。 Dクラッカーズ〈3〉…

『カラー新書 日本の樹木』を読みました!

<今年読んだ本78> 『カラー新書 日本の樹木』舘野正樹/ちくま新書 ヒノキ、スギ、アカマツ、スダジイ、ブナなど、日本に生えている代表的な樹木をフルカラーの写真で紹介し、その樹木の自然界での生存戦略や、樹木にまつわるうんちくが書かれてる本です…

『Dクラッカーズ2 敵手』を読みました!

<今年読んだ本 77> 『Dクラッカーズ2 敵手』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 Dクラッカーズの、2001年に出た富士見ミステリー文庫版の2巻です!図書館で借りて読みました。 no imageDクラッカーズ〈2〉敵手―pursuer (富士見ミステリー文庫)あざ…

『ふしぎなキリスト教』を読みました!

<今年読んだ本 76> 『ふしぎなキリスト教』橋爪大三郎、大澤真幸/講談社現代新書 日本人にはわかりづらい「キリスト教とは何か?」という主題の対談です!第一部がユダヤ教徒キリスト教の関係について、第二部がイエス・キリストについて、第三部が西洋…

『「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける』を読みました!

<今年読んだ本 75> 『「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける』石黒圭/光文社新書 読書術の本です!著者は言語学者の方で、言語学的な観点から、文章を分析して読む技法がいろいろ紹介されています。 「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける (…

『Dクラッカーズ 1 接触』を読みました!

<今年読んだ本 74> 『Dクラッカーズ 1 接触』あざの耕平/富士見ミステリー文庫 最近は『東京レイヴンズ』で有名なあざの耕平先生が2000年代初頭に書いておられたシリーズの1巻です! 主人公は知的でおとなしいタイプだけど重度のドラッグ常用者…

『入門 老荘思想』を読みました!

<今年読んだ本 73> 『入門 老荘思想』湯浅邦弘/ちくま新書 老子と荘子の思想の代表的な部分、老荘思想の文献的研究の手法、老荘思想の広がり方と世界に与えた影響などがわかりやすく解説されてる本です! 入門 老荘思想 (ちくま新書)湯浅邦弘 筑摩書房 …

『B.A.D.13 そして、繭墨は明日もチョコレートを食べる』を読みました!

<今年読んだ本 72> 『B.A.D.13 そして、繭墨は明日もチョコレートを食べる』綾里けいし/ファミ通文庫 13巻で、シリーズ本編の最終巻です!異界に行ってしまった繭墨あざかを連れ戻すために、小田桐が異界へ行って、いろいろある話です。 B.A.…

『小悪魔どもが俺の部屋を溜まり場にしている2』を読みました!

<今年読んだ本 71> 『小悪魔どもが俺の部屋を溜まり場にしている2』むらさきゆきや/一迅社文庫 小悪魔どもが俺の部屋を溜まり場にしている2 (一迅社文庫)むらさきゆきや 一迅社 2014-01-18売り上げランキング : 431816Amazonで詳しく見る by G-Tools a…

『小悪魔どもが俺の部屋を溜まり場にしている』を読みました!

<今年読んだ本 70> 『小悪魔どもが俺の部屋を溜まり場にしている』むらさきゆきや/一迅社文庫 小悪魔どもが俺の部屋を溜まり場にしている (一迅社文庫)むらさきゆきや きみづか葵 一迅社 2013-06-20売り上げランキング : 429857Amazonで詳しく見る by G…

『大人のための読書の全技術』を読みました!

<今年読んだ本 69> 『大人のための読書の全技術』齋藤孝/中経出版 大人のための読書の全技術齋藤孝 KADOKAWA/中経出版 2014-07-31売り上げランキング : 1008Amazonで詳しく見る by G-Tools asin:4046004797

『B.A.D. 12 繭墨は自らの運命に微笑む』を読みました!

<今年読んだ本 68> 『B.A.D. 12 繭墨は自らの運命に微笑む』綾里けいし/ファミ通文庫 12巻でクライマックスです。紅い女との最後の対決が始まります。そして繭墨あざかがチョコレートしか食べない理由がついに語られます。 B.A.D. 12 繭墨は自ら…

『はたらく魔王さま!11』を読みました!

<今年読んだ本 67> 『はたらく魔王さま!11』和ヶ原聡司/電撃文庫 11巻です!異世界エンテ・イスラでいろいろあった末、やっと地球に帰って来て、恵美が新しい職を探したりする話です。 はたらく魔王さま! (11) (電撃文庫)和ヶ原聡司 029 KADOKAWA/…

『B.A.D.11 繭墨は紅い花を散らす』を読みました!

<今年読んだ本 66> 『B.A.D.11 繭墨は紅い花を散らす』綾里けいし/ファミ通文庫 11巻です!孤島の洋館でグロテスクな晩餐会が開かれたりする話です。 B.A.D. 11 繭墨は紅い花を散らす (ファミ通文庫)綾里けいし kona エンターブレイン 2013-0…

『太閤の能楽師』を読みました!

<今年読んだ本 65> 『太閤の能楽師』奥山景布子/中央公論新社 豊臣秀吉に仕えた実在の能楽師、暮松新九郎を主人公とする歴史小説です!秀吉が能楽に熱中するその陰では色々陰謀が渦巻いていたという感じのサスペンスフルな物語です。 太閤の能楽師奥山…

『新約とある魔術の禁書目録10』を読みました!

<今年読んだ本 64> 『新約とある魔術の禁書目録 10』鎌池和馬/電撃文庫 新約の10巻です!魔神オティヌスを救うために闘うという話です。 新約 とある魔術の禁書目録 (10) (電撃文庫)鎌池和馬 はいむらきよたか KADOKAWA/アスキー・メディアワークス…

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2』を読みました!

<今年読んだ本 63> 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2』大森藤ノ/GA文庫 ロキ・ファミリアの人々が主役の外伝の2巻目です!アイズたちがダンジョンの深層に潜る話です。本編に出てきた場面が、アイズ…

『ロウきゅーぶ!14』を読みました!

<今年読んだ本 62> 『ロウきゅーぶ!14』蒼山サグ/電撃文庫 14巻で、短編集です! ロウきゅーぶ! (14) (電撃文庫)蒼山サグ てぃんくる KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-03-08売り上げランキング : 11940Amazonで詳しく見る by G-Tools as…

『一流の人はなぜ落語を聞くのか』を読みました!

<今年読んだ本 61> 『一流の人はなぜ落語を聞くのか』立川談四楼/KKベストセラーズ 立川談四楼師匠が、前座の修業時代の談志の教えや、キャリア45年の落語家生活で学んだことを、教えてくださる本です! 一流の人はなぜ落語を聞くのか立川談四楼 ベ…

『大いなる不満』を読みました!

<今年読んだ本 60> 『大いなる不満』セス・フリード(著)、藤井光(訳)/新潮クレスト・ブックス 1983年アメリカ生まれの著者による短編集です!氷漬けの古代人の遺体を研究する研究者たちの話、ひどい差別的な演劇を演じさせられた生徒の話、珍しい微…